室内空気除菌装置 “ファシオン”

高エネルギー破壊力をもったイオンが室内空間に180億個/㎤滞留し続け、ウィルス菌を撃退!

 コロナ禍における空気除菌装置。空気感染・飛沫感染(エアロゾル感染)防止対策として注目度アップ。感染無症状者対策にこれ1台! 

 

 

 

   プラズマイオンクラスター」+「低濃度オゾン」のW効果による空気洗浄・除菌

① イオンの放出量がケタ違いに多い(1回の放電にて300万個/㎤1秒間に5060回放電

  1秒間に1億5000万個/㎤、120秒で180億個/㎤のイオンが空間に滞留し続けます。

  一般的家電製品で1回の放電が2.5万~5万個/㎤程度ですので、「ファシオン」1台の効果を得るためには家電イオン発生製品を50台以上

  購入しなければなりません。

② イオンの滞留時間が長い(約120秒:従来製品の約4~6倍

  家具や衣服、毛髪に付着したウィルスにも効果が期待できます。

  一般家電製品の場合、約20秒でイオンは空間から消滅してしまいます。室内全体までイオンクラスターが行き届く前にイオンは消えてなく

  なります。この「ファシオン」は120秒間もの長時間空間に滞留し続けますので40㎡の空間にイオンクラスターが十分にいきわたります。

 強力なイオン化エネルギー(6~12eV:従来品の約2倍で菌を分解、不活化

  ウィルス菌や臭いの原因菌のエネルギーより強いイオンクラスターにより、ウィルス菌を破壊します。

  ウィルスや臭いの原因菌のイオン化エネルギーは大体8~11.5eV。この数値より放出されるイオン化エネルギーが弱いと菌を分解、無害化する

  ことができません。一般家電製品ではイオン化エネルギーは1~6eVしかありませんので効果が期待できません。

④ 低濃度オゾンの作用で新型コロナも不活化(国の基準値0.1ppm未満の低濃度で人体に安全配慮)

  人体に影響のない低濃度オゾン(0.08ppm)を同時に発生させ、新型コロナを不活化させる効果が期待できます。

  「低濃度オゾンでも新型コロナウィルスを不活化させる」藤田医科大学発表

  藤田医科大学の村田教授たちは、0.05~0.1ppmという低濃度のオゾンでも、コロナを不活化させることを証明しました。

  https://www.fujita-hu.ac.jp/news/j93sdv0000007394.html

  自然界と同じくらいの濃度(森林でのオゾン濃度:0.05~0.1ppm)なら、人や動物がいても安心してオゾン発生器を使うことができます。

 

 

浮遊ウイルス不活化のしくみ

放出されたプラスとマイナスイオンが浮遊ウイルスの表面を取り囲み、ウイルス細胞膜のタンパク質を破壊して、除菌します。内部の細胞膜に影響を及ぼさない為、耐性菌ができません。
*不活性化とは、ウイルス本来の働きを失わせる作用で、特にウイルスの感染力や毒性を失わせることです。

イオンクラスター放電の違い

ファシオンは特許の面構造素子にて強力なエネルギーをもったイオンクラスターを多量発生する画期的な構造となっています。したがって、発生するイオン量及びエネルギーが他社よりも比較にならない大きなものとなっています。

室内に滞留したイオンが空間除菌

人と人の距離をとれない空間にも、イオンが滞留し続け、ウイルス・菌を不活性化します。
換気が困難な会議室や飲食を伴う部屋でも排出されたウィルスを膨大な数のイオンと低濃度オゾンで除菌します。


「ファシオン」商品説明動画

     「イオニックケア ファシオン」製品仕様                 除菌効果検証機関

機器設置場所における注意点

① 発生するイオンは空気より重いので、設置場所は棚の上等高い場所に置くと、
  効果的です。
② 室内換気扇がある場合、排気口から遠い場所に設置してください。

製品価格

¥299,500(税抜き)

5年リース対応可能。 月額 ¥5,500(税別) 
・・・1日 当たり電気代込み約¥200 で安心が手に入ります・・・

 

 

 

導入事例

大学病院新生児室や高齢者介護施設へ20,000台以上の導入実績があります。

また消防庁特殊救急車にも採用されています。

医療・介護施設、保育園、スポーツジム等へ導入実績有

九州大学や久留米大学病院新生児室へも導入済み

小型軽量であり、消費電力も小さいことから必要な場所へ手軽に持ち運びが可能。

送迎バスの中の空気除菌対策として利用可能。

お問い合わせお待ちしております
TEL 0956-27-0170 受付時間 8:30-17:00(土・日・祝日は除く)